避妊以外にも役立つピルの効果

ピルは全世界で1億人もの女性が、服用している薬です。
日本では避妊薬として飲まれる事が多かったのですが、最近は女性特有の不調や病気の治療に処方するクリニックが増えつつあります。
ピルの主成分はプロゲストーゲンとエストロゲンです。
これらは体内で分泌される、女性ホルモンと同じ作用を持っています。
女性は毎月、プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンのバランスが変化する事で、排卵したり生理になります。
ピルを服用する事によって、薬の作用により女性ホルモン量が一定となる為、排卵を起こしません。
排卵しなければ当然、妊娠しない為ピルは避妊薬として飲まれているのです。
また、排卵をストップできる事から、最近話題となっているPMS「月経前困難症」の改善にも有効と言われています。
月経前困難症は生理前になると、イライラしたり不安感が強くなるといった精神的な症状や、胸が張る頭痛、腹痛といった身体症状まで、様々な不調を起こす病気です。
排卵を抑える事で、生理前の不快な症状を緩和する効果が期待できます。
この他にも子宮内膜症や、月経困難症の治療にもピルは処方されています。
排卵後、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が増えるのですが、このホルモンは子宮内膜を厚くする働きを持っています。
子宮内膜が厚くなればなるほど、月経量は増え、また生理痛も強くなる傾向にあるのです。
ピルを服用する事によって子宮内膜が厚くなりにくくなる為、子宮内膜症の改善や月経困難症の緩和に繋がります。
女性ホルモンバランスが崩れてしまうと、ニキビができやすくなるのですが、ピルを飲む事によってニキビの治りも早まります。
また、更年期障害や骨粗鬆症の治療に処方されるケースもあるようです。

低用量ピルとアフターピルの違いについて

低用量ピルとアフターピル、これらは避妊の効果が得られる事から、同じものと捉えられがちです。
しかし、実は服用目的や、服用方法に大きな違いがあります。
まず低用量ですが、避妊目的の他にもPMSや生理不順、生理痛や子宮内膜症といった、婦人科系の病気の治療に更年期障害、骨粗鬆症の治療、そしてホルモンバランスが乱れて起こるニキビの治療にも用いられている薬です。
また、生理の周期をコントロールできる為、生理を遅らせたい、また早めたいという時にも効果を発揮します。
このように、低用量ピルは避妊だけでなく、様々な治療に処方されている点が特徴です。
服用方法も、21日間本薬を服用し、その後7日間休薬するタイプと7日間疑似薬を飲み続けるタイプとがあります。
低用量ピルは毎日飲み続ける事によって、排卵を抑えたり女性ホルモンのバランスを整える事で、避妊や婦人科系の病気の改善効果が生まれます。
一方アフターピルは、毎日飲む薬ではありません。
コンドームをして性交渉したけれど、外れてしまった、また破れていたという理由から、避妊が失敗してしまうケースがあります。
また、残念ながら性被害に遭い、望まない妊娠をしてしまうケースもあるでしょう。
このような時に活用したいのが、アフターピルなのです。
この薬は緊急避妊薬とも言われており、緊急的に避妊したい時に飲むのが特徴です。
性交渉の72時間以内に服用する事で、避妊の効果を得られます。
低用量ピルのように病気などの治療で使うのではなく、あくまで避妊の効果を得る為の薬です。
緊急的に飲むので毎日摂り続ける必要はありません。
バッグに忍ばせておけば、もしもの時に自分の身を守ってくれるのがアフターピルなのです。

ピル以外の効果的な避妊方法

女性にとって、月経が始まった時から閉経まで、数十年間妊娠が可能になります。
しかし、全ての女性が性交渉によって妊娠を望むとは限りません。
そのため、中には望まない妊娠により、中絶という結果を生んでしまうこともあります。
このような結果を生まないために必要なのが避妊という事になります。
避妊の方法の中は様々でピルなどを服用する方法や、避妊具などを装着するなどがあります。
ピルは、世界で最も多くに人に飲まれている薬で、妊娠をしている状態に近くし排卵を抑制します。
また、着床の抑制などの効果も持ち合わせています。
しかし、ピルは、医師の処方箋が必要となるため、受診が必要です。
しかし疾患を持っている方や、授乳中の方などは服用ができません。
また、保険がきかないため、全額自己負担となります。
このように、ピルは、避妊には効果がありますが、手軽とは言えず、自己管理が必要になります。
そのため、これ以外の避妊の方法も検討しなくてはなりません。
ピル以外の避妊方法で最も手軽で確実な方法は、避妊具を使うことです、しかし避妊具は男性側に装着するものというイメージのため、男性が嫌がるといった事も見受けられます。
しかし、最近は女性側に装着する、避妊具も増えてきました。
代表的なものとして、子宮内避妊システムや子宮内避妊用具があり、どちらも子宮に避妊器具を装着し、妊娠を防ぐ方法です。
一度装着すれば5年程持ちますが、定期検診は必須で、疾患によっては装着できない可能性も持ち合わせます。
この他には、基礎体温を測り、排卵日の予測をするという方法もありますが、確実とは言えません。
いつか望むべき妊娠をするためには、女性自身が避妊の方法を勉強し、自身にあった方法を選ぶ事が大切となります。
■アフターピルを通販で
アイピル
■もう毎月の通院が必要なくなります
トリキュラーは通販でセット買い